メインコンテンツにスキップ

お茶染Washizu.

山の茶エリア

茶葉から生まれるサスティナブルなストーリー

徳川家康によって駿府城が築かれ、城下町文化が花開いた駿河には、「駿河和染め」という伝統工芸があります。その技法を生かし、鷲巣染物店5代目の鷲巣恭一郎さんが手がけているのが、「お茶染め」です。

染料として使用するのは、お茶を作る過程で出る、商品にならない部分の茶葉。そんなユニークな材料だけでなく、使用後の茶殻を堆肥として循環するサスティナブルなストーリーも注目されています。

体験は、お茶染めしたミニトートバッグや布マスクに、たくさんの型紙の中から選んだ柄を抜染して仕上げます。

アクセス

  • 東名高速 静岡ICから車で約15分
  • 新東名 新静岡ICから車で約20分

近くを探す

山の茶エリア

豊かな緑と清らかな渓流に囲まれた山あいには、多くの農園が点在。手間ひまをかけ丁寧に育てられるお茶は、「山のお茶」として愛されています。

茶の芽

茶の芽

山の茶エリア
農家民宿 ぬくもり園ゆるり

農家民宿 ぬくもり園ゆるり

山の茶エリア
おかかえ茶園 かねぶん

おかかえ茶園 かねぶん

山の茶エリア

こちらもおすすめ

藤枝市陶芸センター

藤枝市陶芸センター

山の茶エリア
志戸呂焼 彦次窯

志戸呂焼 彦次窯

川の茶エリア
川根ティーテラスochanoma(たむらのうえん)

川根ティーテラスochanoma(たむらのうえん)

山の茶エリア